美容整形で眼瞼下垂の治療|広い視界を取り戻す

レディー

簡単にできるバストアップ

胸元

美容外科で、近年、簡単にバストアップできると人気なのがPPPジェル豊胸です。これは、自身の血液を採取してバストに入れる豊胸治療です。採取した血液は、まず遠心分離機で分離させてPPP(少血小板血漿)を取り出します。そして、これに特殊な熱処理を施してジェル状にしたものを注入するのです。この豊胸施術の利点は、注入したジェルの定着が非常に良いことです。また、PPPには自己脂肪細胞の成長を促す作用もあるので、確実にバストアップができます。その他にも、施術後にはアレルギー反応などが起こりにくいです。というのも、身体の一部の血液をバストに注入するからです。よって、異物を入れるのに抵抗がある方、切らずにバストアップしたい方に最適です。

PPPジェル豊胸施術は、メスで切らないので気軽に受けることができます。しかし、施術後には患部を良好に保つための注意点が有ります。まずは、稀に施術後に患部の痛みを感じるケースも有ります。そのような場合は、自宅のアイスパック、冷やしたタオルで患部を冷やすといいです。そうすることで、痛みが多少治まります。その他の注意点は、施術後はアルコールなどの飲酒を1週間は控えることです。その他にも、熱いお湯での入浴、激しい運動はやめた方が良いです。その理由は、このような行為は血行を良くして腫れ・むくみなどを引き起こすからです。だから、なるべく安静に過ごすことが大事です。入浴する際は、軽くシャワーを浴びて体を清潔にすると良いでしょう。胸を刺激しないように、スポーツブラの着用がお勧めです。